メニュー

ブライダルの仕事

ブライダルの仕事

ブライダルの仕事

コスチュームアドバイザー

Costume Adviser

ウエディング・セレモニーは一生に一度の晴れ舞台。主役である新郎・新婦の門出を心から祝福し、万全のサポートをしてあげたい。
その大事なサポート役のひとつがコスチュームアドバイザー。
セレモニーで新郎・新婦様が最高に輝くよう、衣裳からヘアメイク、アクセサリー、ブーケまで、きめ細かくアドバイスする。

挙式のスタイルは和装と洋装のどちら? 披露宴での「お色直し」は1回、それとも2回? 二次会を開く予定は?
そういった要素をすべて踏まえたうえで、ウエディング・セレモニー全体のファッション計画を練り上げていくのが、コスチュームアドバイザーの仕事。新郎・新婦様となる二人の希望を取り入れつつ(もちろん予算も考えて)、共同作業で晴れの日をめざす。

映画や演劇の世界でコスチューム(衣裳)の役割がとても大切なのは、よく知られるところ。それと同じことが、結婚式や結婚披露宴にも当てはまる。
どんなコスチュームを選ぶかによって、主役(新郎・新婦様)の輝き方がぜんぜん変わってきてしまう。大げさに言えば、主役の個性を生かすも殺すも、コスチュームアドバイザーの腕次第なのだ。
それだけに、やりがいもおもしろさも十分過ぎるほど。イメージどおりの着こなしも、ヘアスタイルも、メイクも、アクセサリーも決まって、「素敵だね」「きれいだったね」と喜んでもらえると、すごくうれしい。

ファッション計画は、衣裳だけでは成り立たない。ヘア&メイク、アクセサリーやブーケなどの小物まで、すべてが含まれる。それに、会場の広さやインテリアの雰囲気も影響してくるだろう。
つまり、コスチュームアドバイザーという仕事には、とても幅広い知識と、全体の調和を考えるバランス感覚が必要。これは生まれながらのセンスに加えて、相当な勉強と経験を積み重ねなくてはいけない。

先輩インタビュー

大阪ブライダル専門学校の
3つのポイント!

「この人が選ぶドレスなら」と信頼されるプロフェッショナルを育てます。

カラーやデザインに対する高度なセンスと知識を磨く

お客様との信頼関係を結ぶコミュニケーション能力を磨く

新郎・神父様の個性を輝かせるコーディネート力を磨く

ページトップ