メニュー

ホテルの仕事

ホテルの仕事

ホテルの仕事

フロントスタッフ

Front Staff

フロントはホテルの中で最も“華”のある部門。見るからにキリッとして仕事ができそう。
それでいて応対の物腰や言葉遣いはあくまでソフト。
ホテルの仕事紹介、最初はこのフロントから──。

ホテルのフロントオフィスは、大きく分けて次の4つの業務を担当する。
①リザベーション=宿泊予約。利用客とホテルが最初に接点を持つところで、確実・迅速な応対と事務処理が求められる。
②レセプション=接遇。チェックインからチェックアウトまでの間に発生する様々な手続きやサービスなどを担当。
③インフォメーション=案内。フロントはホテルの情報センター的な役割も担っている。ホテル利用客の目的は観光、ビジネス、飲食、宴会などいろいろだから、それに応えられるだけの豊富な情報量がインフォメーション担当には求められる。
④キャッシャー=会計。チェックアウト時の精算をはじめ、各種の会計業務を担当する。外貨の両替や貴重品の預かりも、このキャッシャーの業務。

フロントには、ホテルの生命線とも言える大事な機能が集中している。つまり、ホテル全体のコントロールセンターみたいな役割を、フロントが担っている。文字どおり、ホテルのフロント(真正面)に立つ充実感がいっぱい。

リザベーション、レセプション、インフォメーション、キャッシャーの4つの業務を合わせて「フロントオフィス・オペレーション」という。大規模ホテルやチェーンホテルではリザベーションを独立部門としているところもあるが、中小ホテルでは兼任制が多く、フロント業務は多忙をきわめる。
それにフロントは、ホテルのすべてを知っておかなくてはいけない。いわゆる“商品知識”を豊富に持った、プロフェッショナルだけができる仕事と思っておこう。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

「接客サービスの最高峰」にふさわしい接客マナーや専門知識はもちろん、真のホスピタリティマインドを養い、世界中で活躍できるホテルスタッフへ導きます。

一流ホテル出身の講師から学べる!

有償の企業実習で、一流ホテルの現場を経験する!

海外へ。地元へ。旅館へ。幅広い進路が選べる

ページトップ