メニュー

ホテルの仕事

ホテルの仕事

ホテルの仕事

ベルスタッフ

Porter

ホテルは様々な人が集う場所。とくにフロント周辺やロビーは人の行き来が激しい。
その真っ只中にいるのがベルスタッフ。
つまり、“現場の中の現場”に位置していて、ホテルというものがよ~く見える。
そこで、トレーニングの意味もあって、新入スタッフが最初に配属されることも多い。

フロントでチェックイン手続きを済ませた宿泊客を、客室まで案内するのが主な仕事。逆にチェックアウト時に客室からロビーまで手荷物を運んだり、出発まで間違いなく手荷物を保管しておくのもベルスタッフの役目になる。
フロントとの連携プレーが大切で、いつもフロント周辺やロビー全体の動きに目配り、気配りをしていなければいけない。いわゆるフロントが「フロント・オフィス」と呼ばれるのに対して、こちらは「フロント・サービス」と位置づけられ、「ハウスキーピング」と三位一体で宿泊部門が運営されている。

ホテルの“顔”とも言えるロビースペースを仕切っているのは、ベルキャプテンを筆頭とする「フロント・サービス」部門。ロビーでの荷物の預かり(クローク業務)やインフォメーション、ロビー回りの整理なども担当する。だから、やりがいも誇りも持てる。
何よりも、人が大勢集まる場所にはいろいろな人間ドラマがあって、それは事務系の部門ではなかなか体験できないもの。まさに“現場”ならではのおもしろさだ。

パッケージツアーなどで大型のグループがチェックイン、チェックアウトするときは、とにかく大忙し。とくにチェックアウトの際、短時間のうちにたくさんの荷物をバスへ運び入れなければならないので忙しく、荷物の積み残しや積み間違えがよく起こる。ベルスタッフがしっかりしていないと、ホテル全体の信用に傷がつく。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

「接客サービスの最高峰」にふさわしい接客マナーや専門知識はもちろん、真のホスピタリティマインドを養い、世界中で活躍できるホテルスタッフへ導きます。

一流ホテル出身の講師から学べる!

有償の企業実習で、一流ホテルの現場を経験する!

海外へ。地元へ。旅館へ。幅広い進路が選べる

ページトップ