メニュー

ホテルの仕事

ホテルの仕事

ホテルの仕事

ドアスタッフ

Door Staff

タクシーでホテルの正面玄関に着くと、立派な制服に身を包み、背筋をピンと伸ばしたスタッフがドアを開けて出迎えてくれる。
このスタッフをドアスタッフという。
全ホテルスタッフの中で最初にお客様と接する、大事な役目。
ホテルの第一印象はドアスタッフで決まってしまう。

お客様の送迎のほか、車の誘導、館内外の案内、タクシーやハイヤーの呼び出し、周辺の警備など範囲は広い。ホテルをよく利用するお客様の顔、名前、会社名や役職、車種、車のナンバーなどをしっかり頭に入れておくことも大切で、その数が多いほど優秀なドアスタッフということになる。

よくフロントがホテルの最前線と言われるが、物理的にはドアスタッフのほうが最前線。ホテルの“顔”であり、イメージ作りの大事な部分を背負っているという誇りが持てる。
有名ホテルなら、政界・財界のお偉方や、芸能界のスターと間近で会ったり、言葉を交わしたりできるという“役得”も。

時と場合に応じた素早い判断力を求められるのが、ドアスタッフという仕事の難しいところ。いかにスムーズに車を誘導し、お客様を館内に案内できるかが、腕の見せどころになる。ボヤッと立ってて、ドアを開けるだけの簡単な仕事ではない。
また、ドアスタッフは決して「外見で人を判断してはならない」という鉄則がある。見かけによる“品定め”は厳禁。どんなゲストに対しても公平に、中立な態度で臨まなければならない。
ドアスタッフたるもの、どんなお客様に対しても分け隔てのない応対ができなければ失格。これを徹底的に頭に叩き込むところから、ドアスタッフ修業は始まる。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

「接客サービスの最高峰」にふさわしい接客マナーや専門知識はもちろん、真のホスピタリティマインドを養い、世界中で活躍できるホテルスタッフへ導きます。

一流ホテル出身の講師から学べる!

有償の企業実習で、一流ホテルの現場を経験する!

海外へ。地元へ。旅館へ。幅広い進路が選べる

ページトップ