メニュー

ホテルの仕事

ホテルの仕事

ホテルの仕事

コンシェルジュ

Concierge

コンシェルジュ。
もともとフランス語で「門番」とか、「管理人」を意味するが、今ではすっかりホテル用語。
フロント周辺に常駐して、お客様のいろいろなリクエストに応える“何でも相談係”のような専門職をさす。
アメリカ系のホテルでは、アシスタントマネージャーという。

例えば、あなたがパリへ旅行したとしよう。何泊かして、フランス料理にも飽きてしまった。今日の夕食は中国料理にしたい。でも、どのチャイニーズ・レストランがおすすめなのか、さっぱり見当がつかない…。
そこで頼りになるのがコンシェルジュ。待ってましたとばかりニッコリ微笑んで、おいしいチャイニーズ・レストランの2つや3つはすぐに教えてくれるはず。
そのほか、航空券の予約、リコンファーム(予約再確認)、観光案内、劇場や映画館の座席予約、そしてもちろんホテル内の設備案内など、まさに“何でも”の大活躍。特別なゲスト(VIP)のお世話を担当することもある。

コンシェルジュのやりがいは、人に頼られ、喜んでもらえることの快感。それは、人と触れ合うおもしろさでもある。すみずみまでハイテク化、デジタル化され、機能的になる一方の現代ホテルの中で、珍しくアナログ的というか、人間くさい温かさを感じさせるのが、コンシェルジュの存在。デジタル時代だからこそ、よけいに価値がある。

お客様の様々なリクエストに対して、決して「No」と言わないのがコンシェルジュの務め。例えワガママで無理なリクエストでも、その代わりを用意するとか、融通性が求められる。
ホテルに密着し、地元に密着し、各方面で太いコネクションを作っておく必要もある。俗な言い方をすると、各方面に“顔”がきくといった感じ。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

「接客サービスの最高峰」にふさわしい接客マナーや専門知識はもちろん、真のホスピタリティマインドを養い、世界中で活躍できるホテルスタッフへ導きます。

一流ホテル出身の講師から学べる!

有償の企業実習で、一流ホテルの現場を経験する!

海外へ。地元へ。旅館へ。幅広い進路が選べる

ページトップ