メニュー

旅行の仕事

旅行の仕事

旅行の仕事

ツアーオペレーター

Tour Operator

どんなに良いツアープランでも、商品として成り立たなければ意味がない。
飛行機、列車、バス、ホテル・旅館、食事、観光…。こうした旅行素材が揃って、はじめてプランは生きてくる。
ツアーオペレーションは、旅行の素材を仕入れ、運用する仕事。
ツアーづくりの“影の実力者”と呼べるだろう。

ツアーも「商品」だから、作るためには素材の仕入れが必要。
その仕入れ担当がツアーオペレーション。いかに安く、無駄なく、良い素材を調達してこれるかが、“影の実力者”としての真価を問うことになる。
海外旅行の場合を見てみよう。海外パッケージツアーは、ごく単純なフリータイム型を例にとると、航空機の座席とホテルの客室とでできている。これに送迎、観光、食事などを加えて、いろいろなタイプのツアーを作っていく仕組み。
そこで、オペレーション担当者は、航空会社、ホテル、バス会社、土産店、レストランなどと交渉して予約を確保する。海外の現地法人や、ランドオペレーターと呼ばれる手配専門の会社を通して、仕入れを行うこともある。
良い素材を、より安く仕入れるのは、どの業界にも共通の鉄則だが、素材の仕入れ過ぎや不足はぜひとも避けたい。そのあたりの調整も、オペレーション担当の裁量にかかっている。

料理と同じで、素材をよく吟味し、しかもお得な値段で仕入れてくるという作業はおもしろい。また、難しい交渉を成立させたときなどは、ガッツポーズも出るほどの快感。とくに大きな団体ツアーの仕入れは、オペレーション担当者の交渉力が物を言うので、やりがいも大きい。

旅の二大要素は「足」と「宿」。海外旅行なら「航空機」と「ホテル」。実際、ツアー原価の大部分を航空運賃とホテル代が占めている。
なので、航空会社ならびにホテルとの値段交渉は実にシビア。会社対会社の力関係が絡んだ場合もあり、過去の利用実績なども関わる難しさもある。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

旅行科の歴史はホスピの歴史。開校時から多くの「旅行のプロ」を輩出。旅行業界との太いパイプで進路を開きます。

学生のプランが商品化!即戦力を磨く授業が充実!

旅行会社からの求人が圧倒的に多い!

業界出身の講師が、一人ひとりの適正に合った進路を指導!

ページトップ