メニュー

旅行の仕事

旅行の仕事

旅行の仕事

アウトセールス(営業)

Out Sales

旅行会社のセールスの中で、最もセールスらしい仕事。
カウンターアドバイザーが“待ち”なら、こちらは“攻め”というわけ。
スーツにネクタイ、ノートパソコンでビシッと決めて、大きな仕事をまとめてくる営業的役割を担う。

実は昔から多くの旅行会社を支えてきたのは団体旅行。そして、その企画・手配・販売を担当するアウトセールス部門。セールス先は官公庁、一般企業、各種団体、学校と、多方面にわたる。
わかりやすくするため、どんなタイプの団体旅行があるのか、簡単に紹介しよう。
(1)アフィニティ型
学校(小・中・高校)、労働組合、医師会、町内会、婦人会など、構成員が同じ属性(アフィニティ)を持った団体に働きかけ、組織するツアー。
(2)インセンティブ型
インセンティブは「報奨」という意味。つまり、企業が営業目標の達成に対する“ごほうび”として、販売代理関係者を海外旅行に招待するような場合がこれに相当する。
(3)単一目的型
特定の目的、例えば国際会議や見本市などへの参加を目的に、団体ツアーを企画するタイプ。

ひとつ話が決まれば、大きな売上高になるのが団体セールス(アウトセールス)の特長。ときには参加者が数百人といった、大規模なインセンティブツアーなどを受注できることもある。職場旅行や修学旅行も大きな売上が期待できるし、何より毎年決まって受注できる可能性が高いのがメリット。言ってみれば、一発当たると売り上げにも大きいところが、アウトセールスのおもしろさにつながっているのかも。

やっぱり不況の際は、インセンティブツアーや視察ツアーの需要に影響が出る。そのため、他社との競合がますます厳しくなっている。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

旅行科の歴史はホスピの歴史。開校時から多くの「旅行のプロ」を輩出。旅行業界との太いパイプで進路を開きます。

学生のプランが商品化!即戦力を磨く授業が充実!

旅行会社からの求人が圧倒的に多い!

業界出身の講師が、一人ひとりの適正に合った進路を指導!

ページトップ