メニュー

鉄道の仕事

鉄道の仕事

鉄道の仕事

鉄道パーサー

Parser

鉄道の旅客サービスも注目の仕事。
航空会社のキャビンアテンダントと同じように「パーサー」と呼ばれている。
列車の安全・快適な運行に欠かせない「コンダクター」、つまり「車掌」の仕事も、大変だけどおもしろい。

デラックスなシートの新車輌を導入したり、運行ダイヤをより便利に改善してみたり、鉄道会社もがんばっている。各社の間の競争が厳しいばかりでなく、航空会社や高速バスの会社との競争にも勝ち抜いていかなくてはならないからだ。
それとともに鉄道各社は旅客サービスの充実にも努めていて、それを担当するのが鉄道パーサー。飲み物やおしぼりのサービス、車内販売、改札業務と、担当する仕事は幅広い。
ダイヤの確認、ドアの開閉といった安全管理や、車内での運賃精算業務に加えて、車内アナウンスをしたり、お客様からの質問に答えるインフォメーションとしての役割が重要になっている。

いくら仕事とはいっても、列車で旅するのはやっぱり楽しい。旅行が好き、列車が好きという人には、それだけでとても魅力的な仕事。
それと、お客様とダイレクトに接する仕事だから、その場ですぐに反応が返ってくるのも魅力。サービス業全体に通じる接客マナーや心がまえが、自然と身についていくだろう。

どんなに注意深く仕事をしていても、クレームは出る。トラブルは起きる。なかには理不尽で、納得のいかないクレームだってあるだろう。でも、そんな時あなたは、笑顔で対応ができるだろうか?
体力的にハードな面もある。とくに車内販売カートが重く、狭い通路を行ったり来たりの重労働。列車は揺れるので、油断しているとお客様にぶつかるとか、飲み物をこぼしてしまうとか…。注意力も必要だ。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

業界が求めるのは、お客様の気持ちを理解して臨機応変に対応・行動ができる人材。コミュニケーション能力を磨き、真の「鉄道サービス」のプロをめざします。

リアルな実習室でのロールプレイ授業はホスピだけ!

「コミュニケーション能力」や「表現力」を高めるカリキュラム

鉄道業界に広がる卒業生のネットワークが就職をサポート!

ページトップ