メニュー

鉄道の仕事

鉄道の仕事

鉄道の仕事

電車運転士

Railway Driver

今も昔も電車の運転士は、憧れの的。
安全・確実に電車を運転する技術と知識が必要な仕事。

運転士という仕事は興味だけでは務まらない。憧れを現実に変えるには、それなりのステップを踏まなければならない。
鉄道会社では入社後、数週間の社内研修を経たのち、まず駅員となる。改札や窓口、ホームの中でのアナウンス業務などを担当。それを1年ほど経験したあと、車掌になるための試験を受ける。
実地研修などを経て車掌を務めた後、初めて運転士になるための訓練を受けることができる。まず3ヵ月半ほど、机上での研修。現場で5ヵ月の実地研修。その後、国土交通省の国家試験を受ける。
合格すれば今度は2ヵ月、電車に乗って「線見」と呼ばれる訓練がある。電車が故障したときの対応、踏み切り事故など非常事態の場合の措置、 時間どおりに運転できるかの試走、ブレーキ扱い、速度目測(メーターを隠した状態で速度を推測する)、速度監査(メーターを隠した状態でスピードを落とす)、などなど…。
こんなふうに運転士の訓練を受けることができるのが、だいたい入社後4年ぐらい。そして、一人乗務ができるようになるには、さらに1 年かかる。安全・確実に電車を運転するためには、こうして徹底的に技術と知識をたたきこまれるのだ。

幼ない頃からの夢を叶えた運転士の話。
「運転士になりたい、なりたいと思っていたのが実現したのだから、もう最高です。初めて運転レバーを握ったとき、本当に止まれるのかなって、不安もあったけど、電車が動いたときには感動したなあ。」

勤務時間の不規則さが、慣れないうちはつらい。朝5時の始発を運転する日もあれば、夕方から深夜までとか、泊まりも入れて2日通しで勤務ということもある。もちろん運転士に居眠りは絶対の厳禁。体調管理だけでなく、精神的にも常に安定を保っておく必要がある。大勢の乗客の命を預かっているプレッシャーは想像以上に大きい。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

業界が求めるのは、お客様の気持ちを理解して臨機応変に対応・行動ができる人材。コミュニケーション能力を磨き、真の「鉄道サービス」のプロをめざします。

リアルな実習室でのロールプレイ授業はホスピだけ!

「コミュニケーション能力」や「表現力」を高めるカリキュラム

鉄道業界に広がる卒業生のネットワークが就職をサポート!

ページトップ