メニュー

鉄道の仕事

鉄道の仕事

鉄道の仕事

車掌

Conductor

運転士同様、乗客の命を預かる責任ある仕事が車掌。
「安全・正確・快適」を追求するスペシャリスト。

ひとたび列車が走りだせば、大勢の乗客の命は車掌や運転士が預かることになるため、乗客を安全に目的地まで運ぶことが何より大切な任務。

車掌には、以下のような業務がある。
<ホームでのドアの開け閉め>
乗客の乗り降りを確認し、ドアの開閉を行う。
<電車出発・到着時の確認>
運転士への停車合図、発車時の安全確認を行う。危険を察知したときは非常ブレーキで電車を停止させることもある。
<車内放送>
停車駅案内や乗客へのアナウンスを行う。タイミングが大事なため、どこで放送を流すか景色などで判断する。
<車内トラブルの対応>
急病人や社内での揉め事などに対応。
<車内改札>
新幹線などの長距離列車や、改札に駅員がいない地方の路線では、車掌が車内で切符の確認。
<事故の時の対応>
不測の事態により、電車が線路で停止せざるを得ない状況になってしまったときに、運転士と協力し、乗客を誘導する。

人の命を預かる車掌は、とても重い責任のある仕事。事故を起こしてからでは済まないため、何事もなく無事に1日の業務を終えられた後は大きな達成感を味わえる。毎日大きなプレッシャーがある分、やり遂げた後の感動もひとしお。

車掌の仕事は体力勝負であるため、日ごろから健康には気を付ける必要がある。
車掌が体調不良で冷静な判断ができない状態では、大きな事故につながってしまう可能性もある。そのため、日頃から食生活に気を付ける、睡眠をしっかりとる、体力維持に努めるなど、自分自身で徹底した自己管理が必要とされる。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

業界が求めるのは、お客様の気持ちを理解して臨機応変に対応・行動ができる人材。コミュニケーション能力を磨き、真の「鉄道サービス」のプロをめざします。

リアルな実習室でのロールプレイ授業はホスピだけ!

「コミュニケーション能力」や「表現力」を高めるカリキュラム

鉄道業界に広がる卒業生のネットワークが就職をサポート!

ページトップ