メニュー

テーマパークの仕事

テーマパークの仕事

テーマパークの仕事

インフォメーション

Information

テーマパークの第一印象を決めるのは、インフォメーション・スタッフ。
特に、はじめて来場するというお客様には強い味方。
りりしいユニフォーム姿に、てきぱきとした応対が頼もしい。

テーマパーク内で行われるアトラクションやイベント、レストランなどに関する情報を、来場者に提供するのが主な仕事。パーク内のガイドも担当する。ほかに、コンピュータを使った事務処理などを担当することも。

インフォメーション担当は、ツアーガイドとか、ゲストアテンダントとも呼ばれる。つまり、単に情報を提供するだけでなく、お客様を接待する役目も担っているわけだ。
そのおもしろさは、パークの魅力をお客様にダイレクトに伝えられるということ。自分が楽しいと思った場所に案内し、自分の言葉で説明できるおもしろさがある。

テーマパークを訪れた人に夢や感動を与えるのは、スタッフの力によるところが大きい。逆に言うと、スタッフの対応が悪ければ、せっかくのアトラクションも台なし。
インフォメーション担当者は、“テーマパークの顔”と呼ばれる存在なのだから、どんな質問・相談に対しても、にこやかに応対しなければならない。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

訪れるゲストに笑顔の魔法をかける方法を、楽しみながら学びます。表現力豊かなテーマパークのプロへ。

西日本で「テーマパーク」のことを学べるのはココだけ!

現役のパフォーマーや業界出身の講師が直接教えてくれる!

何よりも「自分を思いきり表現できる」人間を育てる!

ページトップ