メニュー

テーマパークの仕事

テーマパークの仕事

テーマパークの仕事

イベントコーディネーター

Event Coordinator

華やかなパレード、楽しいパフォーマンス、季節ごとのフェスティバル…。
テーマパークを彩るそんなイベントの数々を、企画・立案し、運営していくのがイベントコーディネーター。
夢を創り、夢をはぐくむ仕掛人は、いつもアンテナを張りめぐらせて、おもしろいことを探している──。

イベントコーディネーターには、プロデューサーという言葉がぴったり。今、何が新しいか、何がウケるかを常に追い求めて、イメージをふくらませる。
仕事の内容は多岐にわたる。イベントの計画、立案に始まって、運営(マニュアル作成やスタッフの配置・管理)も手がけなければいけない。頭を使うだけでなく、フットワークも大切な仕事。

自分の考えたイベントが具体化され、大ウケすれば、楽しくて仕方がないだろう。結果がやりがいにつながる。常に新しいことにチャレンジしていくので、そのつど新鮮な気持ちで取り組むことができるのも、プランナーという仕事ならでは。

難しいのは、企画から実施、撤去までの業務が重なり合うこと。ひとつのイベントの実施中に、別のイベントの企画が立ち上がるのも普通で、外から見るほど甘い世界じゃない。仕掛人は実は「裏方さん」なのだと心得ておこう。
イベントコーディネーターには、斬新な発想、アイデアが要求される。でも、それだけでは不十分。自分がやりたいと思う企画をまとめ、社内に認めさせるプレゼンテーションの能力も不可欠。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

訪れるゲストに笑顔の魔法をかける方法を、楽しみながら学びます。表現力豊かなテーマパークのプロへ。

西日本で「テーマパーク」のことを学べるのはココだけ!

現役のパフォーマーや業界出身の講師が直接教えてくれる!

何よりも「自分を思いきり表現できる」人間を育てる!

ページトップ