メニュー

テーマパークの仕事

テーマパークの仕事

テーマパークの仕事

セキュリティスタッフ

Themepark Security

テーマパークは子どもたちからお父さん・お母さん、おじいちゃん・おばあちゃんまで、
誰もが楽しく、そして安全に過ごすことができる場所。
事故やトラブルなど決して起きないよう、テーマパークを運営する側には万全の体制が求められる。
その中心的な役割を担うのが、「テーマパークセキュリティ」という仕事。

陽気なテーマパークの世界に、事故やトラブルは似つかわしくない。というより、そんなことが絶対にあってはならないのが、テーマパークという場所。
そこで、大活躍するのがセキュリティ。セキュリティは「安全管理」という意味で、防災や防犯、パレードの交通整理、迷子の世話からガードマンの業務まで、一手に引き受けてしまう。大型のテーマパークでは、パーク内の巡視を専門にするパトロール隊や、火災予防のための自衛消防団、けが人や急病人の手当てをする自営病院などもあるほど、セキュリティの役割は大事なものになっている。

多くの人たちが楽しくに過ごしている様子を見るのは、とても気持ちがいいもの。まして、それを安全面で支えているのが、自分たちセキュリティなのだから、大いにやりがいを感じる。
単独行動ではなく、同僚や上司と連携をとりながら、テーマパークの「セキュリティ」という大きな仕事に取り組むやりがいも、他の職種ではなかなか実感できないこと。つまり、チームワークの楽しさ、おもしろさだ。

責任の重い仕事で、常に緊張感を強いられる。大勢の人たちが集まり、大混雑することも日常的なテーマパークでは、急に容態が悪くなったり、ころんでケガをするなどの危険性をいつも念頭に置いて、目配り・気配りを怠れない。防犯にも十分な注意を払っておく必要がある。これは、想像以上に大変な業務だ。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

訪れるゲストに笑顔の魔法をかける方法を、楽しみながら学びます。表現力豊かなテーマパークのプロへ。

西日本で「テーマパーク」のことを学べるのはココだけ!

現役のパフォーマーや業界出身の講師が直接教えてくれる!

何よりも「自分を思いきり表現できる」人間を育てる!

ページトップ