メニュー

エアラインの仕事

エアラインの仕事

エアラインの仕事

センディング

Sender

センディングとは「見送り」のこと。とはいっても、まさか手を振って「行ってらっしゃ~い」とするのが仕事なわけじゃない。
海外旅行へ出かけるツアー客のために空港でのチェックインから搭乗まで、何事もなくスムーズにいくように、様々なお手伝いをする。

市内との距離が遠い空港の場合、そのつど旅行会社の担当者が見送りに行くのは効率が悪い。そこで、空港内に事務所を持つ子会社が待機して、ツアー客が全員無事に出発できるようケアする。
実は出発空港では何かとトラブルが起きやすい。集合時刻に遅れてくるくらいならまだしも、パスポートを忘れてくる人もいる。 航空券が間違って発行されていたのが、空港で初めて発覚したなんてことも珍しくない。
そうしたあれこれに対応するのが、センディングのスタッフたち。パスポートの持ち忘れ以外なら、たいていのトラブルはなんとかしてしまうというからすごい。

お客様が無事に出発したときは、「毎度のことだけれど、本当にホッとする」というのが実感。「何事もなくて当たり前、何かあったら大変」の緊張感が、センディングの仕事を支えている。目立たないが、大切な役割。
そしてやはり活気ある空港で仕事するのは楽しいものだ。

例えばフライトに遅延が出た場合、お客様に説明し、しかるべき誘導をしなければならなくなる。ツアーコンダクターが同行していれば、すべてをやってくれるが、同行しないツアーも多い。
そういう予想外の場面では、旅行会社と連絡をとりながら、適切に対応する判断力、機敏さが必要。これが意外と難しい。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

憧れの仕事につく夢を叶えるために、即戦力を育てるため徹底指導。学生一人ひとりの個性に合った進路指導を行い、航空業界への就職を実現します。

難関の入社試験を突破するための「就職指導」。

現役や業界出身の講師がきめ細やかに指導。

面接力、知識力、プロデュース力で、高い就職率!

ページトップ