メニュー

エアラインの仕事

エアラインの仕事

エアラインの仕事

グランドアテンダント

Grand Attendant

空港にある案内カウンターで、利用客からの質問などに対して、にこやかに応対するスタッフ。
あの仕事がグランドアテンダント。別名、インフォメーションともいう。
空港のイメージを決める、重要な役割だ。

空港はとても広い。出国ロビーに帰国ロビー、レストランやショップ街、見学デッキ等々、いろいろな施設・機能があって、よほど旅慣れた人でも迷ってしまうほど。だから、空港の中を知り尽くした、情報提供のエキスパートがどうしても必要になってくる。
ここで紹介するグランドアテンダント(インフォメーション)こそ、そのエキスパート。単なる案内係にとどまらず、空港に関わるどんな問い合わせにも、的確に答えられなくてはいけない。空港内施設の案内はもちろんのこと、交通機関や周辺のホテルに関する情報提供なども、仕事の範囲に入る。
また、多くの外国人観光客が行きかう場所のため、高い語学力が求められる。

まず、空港という活気あふれるスペースが職場であることの楽しさ。それから、たくさんの人たちと接することのおもしろさ。さらに、多くの知識と情報を持って、それを自在に役立てられる充実感もある。
相談を受けたり、質問に答えたりするのが得意な人にとっては、とてもやりがいを感じる仕事と言えるだろう。かっこいい制服も魅力的。

たくさんの人に接するということは、裏を返せばプレッシャーやストレスにもつながりやすい。難しい質問や無理難題が投げかけられることもある。そんなとき、どう振る舞うか?
どんな人に対しても分け隔てなく、誠実に、笑顔を絶やさず向き合うのが、グランドアテンダントの仕事の鉄則。とはいっても、思わず表情が固まってしまうような出来事だって、たまには起きる。
臨機応変な“しなやかさ”とともに、たいていの出来事には動じないタフな心も必要だ。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

憧れの仕事につく夢を叶えるために、即戦力を育てるため徹底指導。学生一人ひとりの個性に合った進路指導を行い、航空業界への就職を実現します。

難関の入社試験を突破するための「就職指導」。

現役や業界出身の講師がきめ細やかに指導。

面接力、知識力、プロデュース力で、高い就職率!

ページトップ