メニュー

エアポートの仕事

エアポートの仕事

エアポートの仕事

マーシャラー

Marshaller

「マーシャラー」という言葉を、たぶん聞いたことはないだろう。もし知っているなら、かなりの業界通。
マーシャル(marshal)とは「所定の位置につかせる」という意味で、
着陸後の航空機をスポット(駐機場)まで誘導する人がマーシャラー。
あのジャンボ・ジェットが自分の指示通りに動くなんて、考えただけでもすごい!

しゃもじを大きくしたような「パドル」を両手に持ち、それを使って手旗信号のようにパイロットに合図を送る。マーシャラーのほかにも、両翼が約70メートルもあるジャンボ・ジェット機が車や建物にぶつからないようにチェックするウイングウォッチ2人と、タイヤの停止位置をマーシャラーに指示するチョークマンがいる。つまり、この4人の連係プレーがあってはじめて、航空機をスポットに安全に停止させることができる。
しかし、入社してすぐにマーシャラーになれるわけじゃない。ハンドリング会社に入社した後、貨物の積み下ろしやウイングウォッチを経験し、さらに社内の学科試験と実技試験に合格した者だけが、マーシャラーという専門職に就ける。
最近はマーシャラーをめざす女性も増えている。

航空機が空港に到着する。乗客が降り、貨物が降ろされる。数時間後、その航空機は新しい乗客と貨物をのせ、次の目的地へと飛び立っていく。この間の一連の作業はグランドハンドリングと呼ばれ、たくさんの地上スタッフが活躍している。その多くは乗客の目に触れることはない裏舞台の仕事だけれど、これらのスタッフの努力があってこそ航空機は無事出発できる。そう考えればマーシャラーの仕事は、やりがい十分 !

マーシャラーは航空機を停止線にピタリと止めなければいけない。駐機位置が少しでもずれると、ボーディングブリッジが装着できなかったり、地上に埋まっている給油のホースがつかなくなる。
ところが、パイロットによって走行のスピード加減は微妙に違うから、ピタリと止まるとは限らない。そこは、マーシャラーの「パドル」さばき次第。経験に培われた技術が物を言う。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

空港や航空機に関わる仕事には多くの職種があります。就職内定率100%の実績であなたの可能性を広げます。

航空業界で働く現役の先生に現場を学ぶ!

エアライン科と連携し、空港のスペシャリストへ

就職に必要な特殊免許や資格取得をバックアップ!

ページトップ