メニュー

エアポートの仕事

エアポートの仕事

エアポートの仕事

トーイング

Towing

トーイングとは日本語で「引っ張る」こと。
何を引っ張るかといえば、航空機を引っ張る。
一般に自力では後方に走れない航空機を空港内で移動させるときに、トーイングカーで機体をけん引する。
経験と知識を持ったスタッフだけができる職人技だ。

マーシャラーと同様、トーイングの仕事もチームを組んで行う。両翼がぶつからないようにチェックする翼端監視係、航空機のコックピットの中に入ってギア(タイヤ)やブレーキ操作を行うブレーキマン、そして航空機のノーズギア(前輪)に取りつけたトーイングカーで航空機を引っ張るタグマン。この3人の連係が大切だ。
トーイングの仕事をするためには、社内試験に合格しなければならない。マーシャラーを経験した後、翼端監視係、ブレーキマンとして経験を積み、真打ちのタグマンになる。いちばん若いタグマンでも入社6年目ぐらい。知識と技術と経験が必要な仕事、と覚えておこう。

「たとえ地上であっても、ジャンボ機を自分で動かせるおもしろさ。1機で280億円もするんですからね」
と先輩はこともなげに言うけれど、けん引の仕事はハイテクニック。例えば、整備のためにハンガー(格納庫)に航空機を入れるとき。ハンガーの中はびっしりとやぐらが組まれていて、ほんのちょっとずれただけで、機体をこすってしまう。さらにピタッと定位置に止めないと、整備のための機材が付かなかったりする。
一発で決められたときは、本当に気持ちいい!

空港ではひっきりなしに航空機が離着陸する。タグマンは、管制塔と常に無線で交信しながら、機体を引っ張らないといけない。管制塔の指示を受けながらトーイングしていく。でも、自分の判断力も重要。例えば、トーイングカーが壊れたとする。別のを呼ぶのか、それともこのまま続行できるのか。前方からは出発機が、後方からは到着機が次々と来ている中を、トーイングしているわけだから、冷静な判断が求められる。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

空港や航空機に関わる仕事には多くの職種があります。就職内定率100%の実績であなたの可能性を広げます。

航空業界で働く現役の先生に現場を学ぶ!

エアライン科と連携し、空港のスペシャリストへ

就職に必要な特殊免許や資格取得をバックアップ!

ページトップ