メニュー

エアポートの仕事

エアポートの仕事

エアポートの仕事

ロードマスター

Loadmaster

分刻みで動く数多くの到着便・出発便に対応するためには、貨物の搭降載(ハンドリング)担当者やマーシャラーに、
きちんと指示を送る人が必要になる。
それがロードマスター。ロード(load)は日本語で「積み荷」を意味する。

新東京国際空港に勤務するあるロードマスターの1日を紹介しよう。
朝5時半に出勤。まず最初に、担当する到着便、出発便の確認。32機の発着が予定されている。朝6時すぎに到着する最初のフライトに備えて、要員調整を行う。貨物の搭載指示書を見ると、今回はバラ積みの貨物が多いから、人数は多めにマーシャラーや現場監督を含めて、8人でいこうと決める。
次に器材調整。乗客の機内預け荷物(バゲージ)や貨物を運ぶための特殊車両を準備して、スタッフに伝達する。常に現場や旅客担当、貨物担当などと連絡を取り合いながら、調整していく。
到着・出発が集中する9時~12時は大忙し。お昼過ぎ、ホッと一息ついたのも束の間、午後便に備えて人員や器材の割りふりを行わなければならない…。
そして午後3時。交代のロードマスターがやってきて、勤務は終了。交代の人は、深夜12時までが勤務時間になる。

数多くのフライトを統括して、指示を出し人を動かす。しかも、たった 2人で回す。それだけで十分に、やりがいがある仕事といえる。
貨物をバランスよく搭載するためにコンピュータで計算し、一方では搭載の現場をリードする。オフィスワークとフィールドワークの両方を兼ね備えたおもしろさがある。

到着便の遅れ、スポット(駐機場)の変更などに、常に気を配っていないといけない。午前中は「A」と発表されていたスポットが、午後になって突然「B」に変わるなんてことも当たり前。ところが、どんなに忙しくても、間違えることは許されない。
荷物の積み忘れも恐い。正確性が求められる仕事なのだ。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

空港や航空機に関わる仕事には多くの職種があります。就職内定率100%の実績であなたの可能性を広げます。

航空業界で働く現役の先生に現場を学ぶ!

エアライン科と連携し、空港のスペシャリストへ

就職に必要な特殊免許や資格取得をバックアップ!

ページトップ