メニュー

エアポートの仕事

エアポートの仕事

エアポートの仕事

ハンドリング(搭載)

Handling

ロードマスターのプランに従って貨物を搭載したり、降ろしたりする仕事。
貨物の運搬や搭載には、エアポートでしか見られない特殊な車両が活躍する。
つまり、ハンドリング(グランドハンドリング)の仕事は、エアポートならではのスペシャリストとも言える。

マーシャラーがパドルを持った両手を頭上にあげ、×の字をつくる。「止まれ」の合図だ。航空機がスポットに無事到着し、チョークマンがギアに輪止めをつける。エンジン停止。
航空機の到着を待ち受けていた搭載のスタッフたちが、一斉に作業を開始する。マーシャラーやチョークマンも加わって、6~8人で1機の貨物・手荷物の搭載と荷下ろしを行っていく。航空機の誘導を含めたこうした業務全般を、グランドハンドリングという。
1日に出発・到着合わせてかなりの便数をこなすが、大変なのはバルクと呼ばれるバラ積み。コンテナなら、リフトローダーという特殊車両を操作するだけなので、1人でもできるけれど、バラ積みとなると、ダンボールなどの貨物をひとつひとつ手作業で積みこんでいかなければならない。それでも、1機30分もかからないで搭載できるのだから、プロの仕事はさすがだ。
ちなみに、コンテナを載せて地上を移動するための台車(ドーリー)をつないだ特殊けん引車両を運転するのも、ハンドリングの仕事。

お客様と接することはない“縁の下の力持ち”的な仕事ではあるけれど、バゲージや貨物を待つお客様を思い浮かべば、自然と丁寧に荷物を取り扱いたくなる。それがプロフェッショナルとしての誇りであり、やりがいでもあるはず。

気をつけなければいけないのは、積み忘れや積み間違い。フライトのディレイ(遅延)があったときに起こりがちだが、そのせいにはできない。どんなときでも正確、迅速がモットー。責任は重い。
それに、滑走路の周辺は夏は暑いし、冬は吹きっさらしで本当に寒い。体調管理は気をつけたい。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

空港や航空機に関わる仕事には多くの職種があります。就職内定率100%の実績であなたの可能性を広げます。

航空業界で働く現役の先生に現場を学ぶ!

エアライン科と連携し、空港のスペシャリストへ

就職に必要な特殊免許や資格取得をバックアップ!

ページトップ