メニュー

エアポートの仕事

エアポートの仕事

エアポートの仕事

空港セキュリティ

Airport Security

正確には「セキュリティ・インスペクター」という。つまり、「安全の検査官」。
ハイジャックや航空事故防止のために、なくてはならない重要な仕事だ。
日本の空港が世界の中でもハイジャックやトラブルが少ないと評判なのは、セキュリティチェックがしっかりしているからこそ!

チェックインの前や搭乗ゲートなどで荷物検査、ボディチェックを行う。手荷物の中、身につけている物の中に危険物、不審物がないかを調べる大切な業務。
不快感を与えず、それでいて毅然とした態度で業務を進めるのがポイント。空の安全に関わるので、「まあ、いいや」は絶対許されない。念には念を入れてチェックする。

「空港で働けたらいいな、と思っていました。女性だったらグランドスタッフとかに憧れるのが普通でしょうけど、裏方の役目も大事かなと思って、この仕事を選びました」と、ある女性セキュリティ・インスペクター。
「いろいろな国の人と接することができるのがおもしろい。英語はもちろん、中国語やスペイン語も、少しずつわかるようになってきました。やりがいというほどではないのですが、とにかく責任のある仕事だと感じています。トラブルなく飛行機が運航されれば、それで十分です」
こんな風に言えるあなたは、とっても偉い!

正直言って、手荷物の中を見られたり、ボディ・チェックをされるのは、誰にとっても気分のいいものじゃない。でも、それをあえてやらなければならないのが、この仕事の大変なところ。
残念ながら世界は必ずしも平和とは言えないし、故意ではなく危険物を機内に持ち込んでしまう恐れもある。だからこそ、セキュリティ・インスペクターは、必要なのだ。
体力的には、拘束時間が長いことが、ちょっとつらい。短くても8時間、長いと12時間勤務にもなる。立ちっぱなしの仕事なので、集中力がとぎれないようにするのも大変。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

空港や航空機に関わる仕事には多くの職種があります。就職内定率100%の実績であなたの可能性を広げます。

航空業界で働く現役の先生に現場を学ぶ!

エアライン科と連携し、空港のスペシャリストへ

就職に必要な特殊免許や資格取得をバックアップ!

ページトップ