メニュー

エアポートの仕事

エアポートの仕事

エアポートの仕事

ケータリング

Catering

ケータリングとは本来、パーティなどのために料理や飲み物を提供することを指す。
それが転じて、「機内食」を作るサービスのことを、一般にケータリングと呼ぶようになった。
最近ではコスト削減のために簡素化する航空会社もあるけれど、それでもやっぱり機内食は、空の旅に欠かせない楽しみのひとつ。

日本に機内食が登場したのは1951年のこと。国内線一番機「もく星」号にサンドイッチを搭載したのが始まりだとか。その当時は、機内食ではなく、「弁当」と呼ばれていた。その後、英語で「in-flight meal」と呼ぶことから、それをそのまま日本語に直訳して「機内食」という言葉になったそうだ。
機内食は現在、ほとんどの航空会社がケータリング専門会社に委託している。ケータリング会社では、搭乗客数などに応じて機内食を作り、それを航空機に積み込んで、ギャレー(機内にあるキッチンのような所)にセット。客室乗務員へと引き継ぐ。航空機に機内食を搭載するスタッフはミールローダーと呼ばれ、毎回約15人ほどのメンバーで業務に当たる。

搭乗するお客様と直接に顔を合わせるわけではないけれど、料理の評判は気になる。品質や衛生管理を万全に、そして見た目にきれいで、おいしくて…。

機内食を入れたコンテナは、航空機の2階部分から搭載する。コンテナは重いので、なかなかの重労働。
早番、遅番、夜勤と、勤務時間が不規則で、慣れないうちは大変だが、平日に休みが取れるという楽しみもある。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

空港や航空機に関わる仕事には多くの職種があります。就職内定率100%の実績であなたの可能性を広げます。

航空業界で働く現役の先生に現場を学ぶ!

エアライン科と連携し、空港のスペシャリストへ

就職に必要な特殊免許や資格取得をバックアップ!

ページトップ