メニュー

エアポートの仕事

エアポートの仕事

エアポートの仕事

国際物流スタッフ

International exchange

郵便なら送り先の住所を書けば相手に届くけれど、貨物を輸出する場合はそうはいかない。
荷送人、送り先、品物の内容などを明記した特別の書類が必要。
その書類をひとつひとつ作っていくのが、貿易実務の担当者。
「ミスは厳禁」の緊張感がたまらない!?

海外へ行くときにパスポートが必要なように、貨物を飛行機(または船)で輸出するためには、必ず書類が必要になる。
物品の輸出には正式の書類を付けるのがルール。しかも、航空会社宛てや現地代理店宛てのAir Waybill(航空運送状)といった難しそうな書類を、いくつも作成しないといけない。依頼主(荷送人)に請求書およびパッキングリストを用意してもらい、それに基づいて送り先、品物の内容、個数、重さ、値段などを明記した書類を、英語で作成する。この仕事をドキュメンテーションという。
例えば、銀行で代金の受け渡しという契約が、輸出者と輸入者の間で結ばれると、航空運送状に書類作成者のサインが必要になるなど書類作成には正確さが要求されるだけに責任重大。

ちょっと先輩の話を聞いてみよう。
「スペルミスもダメです。完璧で当たり前。その緊張感が仕事の充実感にもつながっています」
でも、失敗することだって、たまにはある。
「運送状に間違いがあって、わざわざ銀行まで訂正印を持参したことを思い出すなあ」と、この先輩はこっそり打ち明けてくれた。

かなりの勉強と経験が必要だが、慣れると1件につき4~5分で書類は作成できるという。
航空運送状には貨物の重さをリットルで表示する欄があり、その計算が複雑で、かつては数字に強くないとできない仕事だった。ところが、最近はパソコンが計算をしてくれるので、作業がかなり楽になった。貿易実務は「輸出」に関わる仕事だけではない。「輸入業務」も大切な役割を担っている。税関への申告を素早く、正確に行う「輸入手続き代行」業務だ。税関への申告は輸出の場合とほぼ同じだが、大きく異なるのは輸入された貨物に関税がかかること。この関税の計算というのが、非常に複雑で難しい。これを担当するには「通関士」の資格が必要となる。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

空港や航空機に関わる仕事には多くの職種があります。就職内定率100%の実績であなたの可能性を広げます。

航空業界で働く現役の先生に現場を学ぶ!

エアライン科と連携し、空港のスペシャリストへ

就職に必要な特殊免許や資格取得をバックアップ!

ページトップ