メニュー

英語を活かした仕事

英語を活かした仕事

英語を活かした仕事

海外現地ガイド

Guide

海外で仕事する。それだけで胸がときめく。憧れている国や街で働けるなら、なおさらうれしい!
言葉もしっかり勉強しておかなくちゃいけないし、専門知識も必要だから、決して簡単ではないけれど、
チャレンジしてみる価値は十分ある。

海外現地ガイドには大きく分けて2通りある。1つは、日本の旅行会社の海外支店や現地法人へ赴任となる場合。もう1つは、現地ガイド(ホテル予約やバスの手配などを行う)のスタッフとして勤務する場合。後者は現地採用も多い。そのほか、フリーランスのガイドや通訳として活躍する人もいる。
日本からのお客様を空港で出迎え、滞在中のお世話をし、空港で見送るまでのいっさいを引き受けるのが主な仕事。お客様は団体ツアーが中心だが、小グループや個人の場合もある。
現地でツアーバスに同乗して、お客様と行動を共にするのは、たいてい専門のガイドや通訳の人、あるいはツアーコンダクター。でも、空港での送迎に同行する仕事は外せない。自らガイドや通訳、ツアーコンダクター役を務めるケースもある。

海外ツアーを組むには、現地の手配・仕入れが大きなポイントになる。また、目的志向型の特殊なツアーや、ツアーコンダクターが同行しないツアーでは、旅行先での受け入れ態勢がとくに大切。
つまり、海外ツアーという商品は、現地での滞在が本当の“中身”で、それを支えるのが駐在員をはじめとする現地スタッフというわけだ。
日本から、期待いっぱいでやってくるお客様に喜んでもらうため仕事にも力が入る。

現地の生活に慣れるのが、やっぱり大変。現地採用なら問題ないが、日本からの赴任では苦労している人も多い。
外国人の上司や同僚がいて、日本とはビジネスに対する考え方が違うから、そのあたりの理解も必要だ。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

英語というツールを使って表現力・順応性に富んだ人材をめざし、世界へ羽ばたくのが目標。自分で考え、行動する力を身につけます。

1年間のアメリカ長期留学をはさんだ3年間のプログラム

グローバルに活躍できる「語学力」「表現力」「協調性」「自主性」を身につける!

海外で働く夢を叶える、海外就職の実績が抜群!

ページトップ