メニュー

エアポートの仕事

エアポートの仕事

エアポートの仕事

通関士

Registered Customs Specialist

貨物を輸出・輸入する場合は必ず税関に申告して、許可をもらわなければいけない。
ところが、輸出入をする者が直接、税関手続きをとることはできない決まりになっている。
それができるのは、難関の国家試験をパスした「通関士」だけ。
まさに日本の貿易を支えるスペシャリスト。

税関に提出する申告書を作成するのが通関士の仕事。複雑で専門的な知識が求められる。その一例を紹介しよう。
税関申告はコンピュータ上で行われていて、品物を10ケタの番号で表記するのが決まり。通関士は、世界中で作られたり、利用されるすべての物を番号で分類した「輸出(輸入)統計品目表」を見て、該当する統計品目番号を探し当てる。
例えば、品物がICプレーヤーだとする。品目表の索引にはICプレーヤーという項目はなく、目次から、どの分類に属するかを探す。「レコードデッキ、レコードプレーヤー、カセットプレーヤー、その他の音声再生機(録音装置を自蔵するものを除く)」という項目があるので、そこを探してみる。
するとさらに「硬貨又はディスクを挿入することにより作動するレコードプレーヤー」「拡声器を有しないもの」「自動レコード交換機構を有するもの」「その他のもの」などと細かく分類された項目がいくつもある。この中から該当する番号をいかに素早く、正確に決定するかが、通関士の腕の見せどころとなる。

某エアカーゴ会社で活躍する通関士は、仕事のおもしろさをこんなふうに語ってくれた。「これはこっちだろうな、これでいいかなって考えながら品番を探し出して、申告したものが許可になるのは、何度体験してもうれしい。税関の人から“これは文句なし”と言われる書類を作れたときが最高の気分!」

通関士の試験は学生でも合格できるが、受かったからといってすぐに書類は作れない。エアカーゴの会社や商社に就職して、先輩につきっきりで教えてもらっても、一人前になるまでに1~2年はかかる。
法律で輸出入が規制されている品物もあるので、それをチェックするのも重要な仕事。仮に規制の対象になっている品物であっても、多くの例外が設けられているので、そういった細かいルールも整理して頭に入れておく必要がある。関税法、関税定率法といった法律をマスターして、はじめて通関士の資格に手が届く。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

空港や航空機に関わる仕事には多くの職種があります。就職内定率100%の実績であなたの可能性を広げます。

航空業界で働く現役の先生に現場を学ぶ!

エアライン科と連携し、空港のスペシャリストへ

就職に必要な特殊免許や資格取得をバックアップ!

ページトップ