メニュー

英語を活かした仕事

英語を活かした仕事

英語を活かした仕事

クルーズスタッフ

Cruise Staff

「空の仕事」に憧れるのと同じように、「海の仕事」に夢を描くのも楽しい。
豪華客船で働くクルーズスタッフ。
船の大きさや、国内と海外の違いはあっても、みんな魅力的な仕事。
さあ、大海原が呼んでいる!

ひとくちにクルーズスタッフといっても、職種は様々。船長、機関長、航海士をはじめ運航に直接関わる人々、シェフ、コック、バーテンダー、レストランスタッフなど料飲関係の人々、フロントのレセプションクラークやキャッシャー、船内のイベントやエンターテイメントを担当するクルーズディレクター…。それにスポーツインストラクターやトレーナー、ドクターも乗り組んでいる。
よくクルーズ客船は「動くリゾートホテル」と言われ、スタッフの構成もホテルに近い。機関士、航海士などの運航スタッフは別としても、旅客サービス部門ではいろいろな職種に就ける可能性がある。

何のお仕事をされているんですか」と聞かれて、「クルーズ船に乗っているんですよ」なんて答えるのは、ちょっとカッコいい。クルーズライフはお客様にとって、日常を忘れられる楽しい時間だけれど、それはスタッフにとっても同じこと。 いろんな国から来ているお客様を接客したり、日常生活とは異なる、独特の濃密な時間が流れている。それでいて、とても開放感がある。一度おもしろさがわかると、なかなかやめられない。

クルーズといえば、とても華やかな印象を受けるけれど、スタッフの仕事はハード。とくに大型客船の場合、寄港地で乗客が観光に行っている間が、スタッフにとって最も忙しい時間になる。客室の掃除やベッドメイク、レストランの掃除、食器洗い、次のセッティング。体力的には少々ハードかもしれない。
船酔いについて不安な人もいるだろうが、海が荒れる時期を外してクルーズのコースは決められる。
また、1ヵ月を超すような長期のクルーズになると、スタッフ間の妙な行き違いが生じることもあるが、お互いの仲間意識も強くなっていく。

ホスピタリティ ツーリズム専門学校大阪の
3つのポイント!

英語というツールを使って表現力・順応性に富んだ人材をめざし、世界へ羽ばたくのが目標。自分で考え、行動する力を身につけます。

1年間のアメリカ長期留学をはさんだ3年間のプログラム

グローバルに活躍できる「語学力」「表現力」「協調性」「自主性」を身につける!

海外で働く夢を叶える、海外就職の実績が抜群!

ページトップ